写真撮影 出張撮影 東京プロカメラマン写真撮影 出張撮影 東京プロカメラマン

出張撮影 東京フリーカメラマン
結婚写真 結婚アルバム制作
一眼レフカメラ使い方 テクニック

素敵雰囲気写真レタッチ加工方法

HOME > デジタル一眼レフカメラの使い方・写真テクニック > 雰囲気写真の撮影加工 撮り方テクニック!

加工テクニック:現像ソフトで仕上げてみよう!

ハイキーで素敵な雰囲気の作り方

ホワイトバランスがポイント!

お問い合わせの多かった、ハイキーな写真のレシピをご紹介致します!
応用すれば、撮り方にもなりますので
まずは材料として日中屋外で撮影したRawデータをご用意ください。

続いて購入時に着いているRaw現像ソフト
Canon DegitalPhotoProfessional(デジタルフォトプロフェッショナル)や
NikonであればViewNXなどをご用意くださいませ。
※Nikon旧機種ではRaw現像は別売りのソフトを購入しないと出来ない場合があります。



一眼レフカメラEOS6Dで撮影した元画像元画像

ホワイトバランス 明るさ ハイキーホワイトバランス 明るさ ハイキー

1.ホワイトバランスを調整

雰囲気を出すのに大事なホワイトバランス!
ホワイトバランス=色温度を3500-4500に設定し
明るさをハイキー(少し明るいくらい)に調整します。

これだけでもかなり雰囲気変わりましたね!
..っていきなり変えすぎ?(^^;
詳しくはムービーを参照くださいませ。

ピクチャースタイル 忠実設定ピクチャースタイル 忠実設定

2.ピクチャースタイルを忠実設定に

ピクチャースタイルを『忠実設定』にし
『コントラストー3』『ハイライト-3』に設定

ハイライト(明るい部分)を抑えた分、
多少暗めになったので、再度明るさを調整しましょう!

130329_001_d.JPG130329_001_d.JPG

3.色の濃さをお好みに

ご自身の好きな色の濃さに加工調整してみましょう!
画像は+1にし少しPOPに仕上げました!

加工せずに直接撮り方が知りたい!

今回行なったテクニックを
ホワイトバランスの設定
ピクチャースタイルの設定
この2点をあらかじめ、カメラにセット!

すると加工無しで雰囲気が撮影出来る撮り方テクニックに早変わり!
明るさなどは微調整してお楽しみくださいませ!

撮影テクニック かんたん 一眼レフ撮影テクニック かんたん 一眼レフはじめての一眼レフ かんたんな一眼レフカメラ撮影テクニック
iPhoneやスマフォカメラで写真基礎講座から
一眼レフカメラを使いこなす為のモードごとの設定方法 レンズの使い方やシーン別撮影方法など
週1,2回ペースで google+ Twitter 連動で更新中
よろしければフォローお願い致します。
Google+





カメラマン東京カメラマン東京
オンライン写真教室オンライン写真教室
ブログカメラ製品レビューコス写ブログカメラ製品レビューコス写